若い頃の交通事故、ムチウチ症の後遺症でずっと顔が痛かったRさん。
痛みを抑えるために鍼治療にずっと通っていらっしゃいました。
数年前から痛みはなくなったそうです。
そのかわり顔の左側の表情がなくなってしまったそうです。顔面麻痺というやつです。
顔の痛みはなくなったけど強い首のコリ、顔面の麻痺がある状態。


先日、鍼治療をずっと受けています。というRさんを担当いたしました。
注:石川は鍼治療はしません。手で骨格を整えます。場合により多少の温熱療法。

確かに鍼治療は痛みを抑えるのには有効でしょう。スポーツ選手の試合前の応急処置には最適かな。

だがしかし、全ての症状には必ず原因があります。今回のRさんの場合、交通事故の衝撃でムチウチ症になったのが原因ですね。ムチウチ症とは衝撃で首の骨がズレてしまった状態です。

事故でムチウチになって整形外科で治療するも
Rさんの首はズレたままだったのです。
炎症を抑えるだけですからね。

首は頭を支える大事な骨格です。
首の一部がズレて固まると脳神経に悪影響を及ぼします。

脳神経にはたくさんの役割があり
そのうちの三叉神経は顔の周辺の感覚を司っています。
(眼の奥や周辺、鼻や顎)その痛みを
三叉神経痛といいます。
Rさんが鍼治療で抑えていたのは三叉神経痛だったのです。

また顔面神経は顔の表情を司ります。
首のズレが年々悪化し顔面神経に障害を及ぼすようになったのでしょう。

三叉神経痛という顔の痛みの原因を根本的に解消するためには
首のズレを解消する必要があります。
痛みは身体のサインです。

鍼で痛みをごまかすだけの治療を続けた結果
Rさんの首はもっと悪い状態になりました。

という状況を確認し
首のズレの治療を行いました。
ムチウチ症の治療、頚椎の調整ですね。

本来、人の身体は人の手のぬくもりで調整する方が自然です。
そこに委縮した組織を緩める技術と
ズレ固まった骨格を把握できる経験と調整技術があれば
もっとも自然で効果的な治療となります。

初回の調整で首のコリが劇的に回復し
顔の感覚が戻り喜んでいらっしゃいました。

しかし長期にわたるズレが神経圧迫をしていたため神経は衰弱しています。
神経の回復が必要です。今後、少しずつ回復します。
顔面麻痺が少しずつ回復されています。
喜んでいただけ嬉しいです。

骨格の歪みやズレが原因になっている事はたくさんあります。
この事は病院や治療院では教えてもらえない事実です。

もし骨格のズレが原因であるのに
症状を抑える治療だけをうけていれば
回復するどころか気が付いたら悪化しています。

根本療法を選択しましょう。
一人でも多くの人が本当に楽になりますように。

今だけ:初診特別キャンペーン中! http://salon-meeta.jp