朝から首の痛みがある方は睡眠時にも首に負担がかかっています。

どのように枕を使うと首のこりが軽減できるのでしょう。

寝ている姿勢が起きている時の姿勢に影響します。
首のカーブを取り戻し維持するために体操と睡眠環境を取り入れる必要があるかもしれません。

治療院でお伝えしている情報です。楽になっていただければ幸いです。

今回は枕についてお話させていただきます。
枕の使い方によって骨格が変わります。

あなたの寝てる間の姿勢で
あなたの起きてる時の姿勢が決まります。
首にカーブがある姿勢
このように首にカーブがある状態が一番嬉しいですね。
カーブが無くなってしまうと神経圧迫が起こり
頭痛などの原因になります。
首コリ、肩コリなどの原因になります。

どのような枕を選んだら良いのでしょう。
首のカーブを維持する枕
首のカーブを維持できる枕を選ぶのが正解です。

ストレートネックの方は合わないかもしれません。
その場合は首のカーブを取り戻す体操を行います。

場合により整体治療でストレートネックを一旦解消し
その首のカーブを枕で維持して下さい。

頭に枕を当てた姿勢
このような枕を頭に当てて寝ている状態。
足元のテレビを見ている姿勢ですね。

朝、首が固まりやすくオススメしません。

ストレートネックになってしまっている方は枕を当てない方が多いようです。
枕を使わない姿勢
このような方こそなんとかしてあげたいです。
体操や枕、整体治療で解消して下さい

※枕については動画の後半をご覧ください。
※体操についてはこちらの動画をご覧ください。

今だけ:初診特別キャンペーン中! http://salon-meeta.jp